大学に直接求人を出せるのも1つの方法

大学に直接求人を出せるのも1つの方法

飲食店などでよく用いられる方法です。一番安くすませるなら、自分でビラを作成し持ち込むのがいいでしょう。

人材確保の超アナログな方法でかかってしまうのは紙代と印刷代だけなんで比較的安くできる。アルバイトやパートだと近所で探してる人も多くなったので、変にネットを使うよりも効率はいかもしれないね。

学生マンションに配ればピンポイントで学生にアプローチするだけはできます。地元の方が対象ということでアルバイトの求人のほうがむいてるかもしれないな。

ただ完全に肉体労働ということで配る枚数は限られますが。大学に直接求人を出せるのも1つの方法です。

ビラやチラシはデザインが綺麗じゃないと反応が得られない気もしますが、そんなことはないです。こちらも他の求人サイトに登録するよりも安くすみます。

自分でまくのが簡単ではない場合は利用してみるのもいいかもしれない。お店や駅など人通りの沢山場所に広告を掲載します。

手作り感があるほうがかえって反応が得られる場合もあるのです。これこそ、ザ・起業みようかな感じがしますよね。

プログラミングなどの知識を持った人材を集めるってことが出来るのも大学ならではですよね。ただ新聞を購読したりする層に限られるため、求められる人材と照らし合わせてみる必要があげられます。

自分でビラを作成し、近所の家にひたすらビラをまいていくこととします。お金もかかりません。

そのお店の雰囲気が理解したうえで応募出来るので、応募する側にとったら安心ですよね。ビラを新聞に折り込んでもらい各家庭まで届けるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ